韓国と北朝鮮が通信連絡線を復旧、コロナと食糧難で北朝鮮が姿勢軟化か=韓国ネットは反発

Record China    2021年7月28日(水) 18時20分

拡大

27日、韓国・聯合ニュースは「新型コロナウイルス感染症パンデミックの中で食糧難にあえぐ北朝鮮は韓国の手を取って現状を打開しようとしているようだ」と伝えた。資料写真。

昨年6月から断絶していた韓国北朝鮮の通信線が27日に復旧した。同日、韓国・聯合ニュースは「新型コロナウイルス感染症パンデミックの中で食糧難にあえぐ北朝鮮は韓国の手を取って現状を打開しようとしているようだ」と伝えた。

記事によると、青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)と北朝鮮は26日、「南北首脳による数回にわたる親書のやり取りの結果、南北間の通信連絡線を復旧することにした」と同時発表した。朝鮮中央通信は「通信連絡線の復旧は、北南関係の改善と発展に肯定的に作用するだろう」と伝えたといい、記事は「連絡チャンネルの再開にとどまらず、今後、関係改善を積極的に進める考えを明示したもの」だと評価。さらに、「任期が残り1年を切った文在寅(ムン・ジェイン)政権に再び手を差し出したのは、コロナパンデミックの中で深刻化した経済難、特に食糧難が大きく作用した」との見方を示している。

北朝鮮では昨年初めから、新型コロナ対策の国境封鎖により、食料や肥料などの物資の輸入が滞っている。梅雨と相次ぐ台風で穀物の生産が大きな打撃を受けたうえ、猛暑と干ばつも続いており、1990年代中盤の大飢饉(ききん)「苦難の行軍」再来の可能性も論じられる状況だという。また、「社会主義兄弟国」であるキューバで新型コロナによる経済難から大規模デモが発生したことで、国民の生活苦が深刻化すれば民心が悪化し体制の存立に脅威となりかねないという懸念も作用したと考えられるとしている。

さらに記事は、「単なる南北関係の改善にとどまらず、米朝対話につながる可能性もあり、注目される」と伝えている。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「北朝鮮はいつも最悪の状況になる直前に肯定的なアクションを取る。それは誰もが知る事実だ。敵が苦境にある隙に攻撃したっていいのに、和解だって?」「苦しんでいる北の同胞に食料を寄付しようということだね」「ここまで来たら病気だな。北朝鮮への片思い」「ついこの間、(北朝鮮は)南北連絡事務所を爆破したくせに」「爆破された連絡事務所の補償もちゃんと受け取れよ」「2人で手を取り合って地球を去ってくれたらいいのに」「南北交流の是非について、国民投票をすべきだ。自分は反対する」「どうか韓国民を第一に考えてくれ。頼みます」など、否定的なコメントが殺到している。

一方で、「いいことだ。韓民族、統一に向けてファイト!」というコメントも見られた。(翻訳・編集/麻江)

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携