台風6号「インファ」観測のため、高高度気球を放球―上海市

人民網日本語版    2021年7月27日(火) 19時10分

拡大

台風6号「インファ」が26日に再び上陸した。午前7時15分、上海宝山気象観測ステーションの気象専門家は、予定通り、気象観測機器を搭載した高高度気球を放球した。

(1 / 4 枚)

台風6号「インファ」が26日に再び上陸した。午前7時15分、上海宝山気象観測ステーションの気象専門家は、予定通り、気象観測機器を搭載した高高度気球を放球した。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

この気球は、高度3万メートルまで達することが可能で、気圧や湿度、風向風速などの気象要素を観測することで最新の観測データを取得し、台風対策を決定する上で役割を発揮することになる。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携