東京五輪開会式に“旭日旗”が隠れていた!?韓国ネットで論争「意図的だ」「旭日旗への執着がすごい」

Record China    2021年7月26日(月) 17時20分

拡大

24日、韓国のインターネット掲示板に「五輪開会式に戦犯旗だなんて」と題するスレッドが投稿された。資料写真。

2021年7月24日、韓国のインターネット掲示板に「五輪開会式に戦犯旗だなんて」と題するスレッドが投稿された。

スレッドには、東京五輪開会式の選手入場シーンを上空から撮影した画像が掲載されている。投稿主は、入場する選手らを誘導するために配置された案内スタッフのフォーメーションが「旭日旗」の形になっていると主張しており、「わざとこの配置にしたらしい。あの中に選手たちが入っていくだなんて」と怒りを露わにしている。

このスレッドを見た他のユーザーからも「旭日旗に見える。日本がやりそうなこと」「こっそり忍び込ませるなんて卑怯」「意図的であることは間違いない」「昔も今も日本は姑息で、信頼できない国」など日本への批判の声が上がっている。

一方で反論の声も多く、「旭日旗への執着がすごいな。反日感情もほどほどに」「これを旭日旗だとして怒っている人たちはまともに日常生活を送れているのか?」「本当に旭日旗をイメージしていたら、赤い服を着せただろう」「今朝フライパンに卵を割り入れたんだけど、うっかり日の丸を描いてしまった。僕の中にある親日の本能を反省したよ」など呆れた様子の声が寄せられている。

韓国では東京パラリンピックのメダルや東京五輪ゴルフ日本代表のユニフォームのデザインをめぐっても「旭日旗を連想させる」として批判の声が出ていた。誠信女子大学の徐敬徳(ソ・ギョンドク)教授は東京五輪開会式に合わせ、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長や委員らに「旭日旗による応援の禁止」を求める抗議メールを送っている。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携