韓国テレビ局、相手のオウンゴールを「ありがとう」と嘲笑=中国ネット民「らしい」「韓国には…」

Record China    2021年7月26日(月) 13時20分

拡大

東京五輪男子サッカーを中継した韓国のテレビ局が、対戦相手に侮辱的なテロップを掲載したことが中国でも物議を醸している。

東京五輪男子サッカーを中継した韓国のテレビ局が、対戦相手に侮辱的なテロップを掲載したことが中国でも物議を醸している。

25日に行われたB組第2試合で、韓国はルーマニアに4-0で快勝した。しかし、前半27分に韓国がルーマニアのマリウス・マリンのオウンゴールで先制すると、中継した韓国のMBCは画面に「ありがとう、マリン」のテロップを表示した。

これについて中国のスポーツメディア・新民体育は「公に相手のオウンゴールを嘲笑した」と指摘。開催国日本でも批判の声が上がっていることを伝えた。

中国のネットユーザーからは、第1試合でニュージーランドに負けた韓国の選手が試合後の握手を拒否したことに触れ「負けたら握手をせず、勝ったら(相手を)嘲笑??」との声や、「いかにも韓国らしい」とあきれたような声が上がった。

このほかにも、「平常運転だな」「韓国人にスポーツ精神はあるのか」「(韓国なら)こんなものだ。どうした?別に驚くことじゃない」「2002年のワールドカップに比べたら大した問題じゃない」「韓国には五輪精神などない」など冷ややかな声が出ている。

MBCは23日の開会式の中継でも、ウクライナ選手団の入場時にチェルノブイリ原発の写真を表示し、物議を醸していた。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携