五輪開会式に失望の声が殺到「分からん」「暗すぎる」「時間の無駄」―中国

Record China    2021年7月24日(土) 14時10分

拡大

中国では、東京五輪大会の開会式セレモニーに対する失望の声が殺到した。

中国の情報サイト「網易」は24日、23日夜に開催された東京五輪大会の開会式セレモニーに対して、中国のネットでは失望の声が殺到したとする記事を掲載した。「分からない」、「抽象的だ」、「暗すぎる」、「時間の無駄」などの声が大量に寄せられたという。

記事は東京五輪について、新型コロナウイルス感染症の影響で1年延期されたと紹介。さらに、本来は大変な熱気で盛り上がるはずの開会式が、無観客という「冷たい烙印」を押された形で開催されることになったと説明した上で「しかし、日本の五輪組織委員会がここまで特別な形式で開会式を大衆の目にさらしたことが、人々を大いに失望させたことは間違いない」と評した。

記事によると、開会式を見ていた人の多くが、テレビのスイッチを切ってしまった。そしてネット上では「分からない」、「時間の無駄」、「冥界のパフォーマンス」、「歴史上で最もいい加減で、最もクズの五輪開会式」などの声が続出したという。

記事は、開会式のショーについて「陰気な雰囲、白黒の色彩配置、散発的な人の配置、単調な音楽の挿入が、歴代の五輪開会式でも最たるものだったことは言える」と評した上で、「芸術は霊感を源とする。しかし霊堂(=霊安室)を源にするのではない」、「芸術は観客に送られるもので、観客を(あの世に)送り出すものではない」といった、冗談めかしたコメントも寄せられたと紹介した。

記事は、「東京五輪の開会式が進行している際に、多くの人が北京五輪の開会式を改めて思い出した。13年前のあの比類なきショーは、五輪開会式についての永遠の記憶になった」と評した。(翻訳・編集/如月隼人

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携