代理母&脱税騒ぎで全て失った?「水でおなか満たす」女優ジェン・シュアンが窮状訴え

anomado    2021年7月23日(金) 20時10分

拡大

代理母騒動と脱税疑惑が注目される中国の女優ジェン・シュアンが21日、滞在先のアメリカでの窮状をSNSで訴え、オーバーな表現がネットユーザーの反感を買っている。

代理母騒動と脱税疑惑が注目される中国の女優ジェン・シュアン(鄭爽)が21日、滞在先のアメリカでの窮状をSNSで訴え、オーバーな表現がネットユーザーの反感を買っている。

今年1月、女優のジェン・シュアンが米国で代理母を通じて男女2児を授かったものの、育児放棄したと報じられて注目の話題になり、子どもたちの父親で、元交際相手の張恒(チャン・ホン)氏が中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に投稿したのがきっかけだった。また4月には、二重契約書を使った巨額脱税の容疑も新たに浮上。騒動をきっかけに現在は芸能界で封殺対象となっており、また5月にはアメリカでの張氏と子供の養育権を争う裁判で敗訴している。

今月19日、騒動に関するやり取りの音声テープなど、さまざまな情報を提供する張氏を責める投稿をウェイボーで行い、再び注目されたジェン・シュアンだが、22日に再びウェイボーを更新。現在は滞在先のアメリカで子供第一の生活を送っていると明かし、さらに自身の窮状を訴えている。

ジェン・シュアンの投稿内容によると、今回の騒動で自分だけではなく家族の銀行口座も封鎖されているとのこと。このため現在は、友人の援助を頼るしかなく、「水道水でおなかを満たしている」「服はジーンズ2本とTシャツ5枚だけ」「生理用品やティッシュも節約している」「中国の味が恋しくなったら卵を炒めて食べる」と記し、「子供たちのために」自分の生活は徹底的に切り詰めているとも語っている。

この投稿に対し、オーバーな表現が「神経を逆なでする」とネットユーザーから反感の声が上がっている。また、今までの投稿と比べてあまりにも整然とした文章が「本人が書いていないのは明らか」と批判の声も上がった。さらに一部のファンからは、河南省で記録的豪雨により大きな被害が出ている時に、このような投稿は「不謹慎なので控えるように」との忠告も。ジェン・シュアンもこれに従い、以降は河南省のニュースを中心とした投稿に切り替えている。(Mathilda

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携