「1000年に一度」の豪雨、12人死亡、10万人が避難―河南省鄭州市

Record China    2021年7月21日(水) 10時20分

拡大

中国河南省鄭州市の豪雨でこれまでに12人が死亡した。

(1 / 7 枚)

中国河南省鄭州市の豪雨でこれまでに12人が死亡した。人民日報などが伝えた。

その他の写真

同市では17日から降り続く豪雨で洪水が発生。これまでに12人の死亡が報告されているほか、約10万人が避難した。

鄭州市気象局によると、20日午後4~5時の1時間の雨量は201.9mmに達し、19日午後8時~20日午後8時の1日の雨量は552.5mmとなった。1時間の雨量および1日の雨量はいずれも過去60年で最多だという。

また、17日午後8時~20日午後8時の3日間の雨量は617.1mmに達した。鄭州市の年間平均雨量が640.8mmであるため、この3日間ほどで1年間分の雨量に近い雨が降ったことになる。鄭州市気象局は「1000年に一度」の豪雨であるとしている。

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)のランキングではトップ50の半数以上が豪雨関連のワードで埋め尽くされ、ユーザーからは被災地の無事を祈る声が多数投稿されている。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

1課わずか20分!ラジオ音声&解説動画で手軽に楽しみながら中国語を学ぼう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携