韓国でアストラゼネカ後にファイザーを接種した50代男性が死亡=ネットに不安広がる「国民は実験対象?」

Record China    2021年7月21日(水) 23時20分

拡大

20日、韓国・ニュース1は、1回目にアストラゼネカ社の新型コロナワクチン、2回目にファイザー社のワクチンを接種した50代の男性が、接種から3日後に亡くなったと伝えた。資料写真。

2021年7月20日、韓国・ニュース1は、1回目にアストラゼネカ社の新型コロナワクチン、2回目にファイザー社のワクチンを接種した50代の男性が、接種から3日後に亡くなったと伝えた。

韓国の慶北漆谷警察署によると、同日午前2時ごろ、派出所勤務の警部補(52)が自宅のリビングで意識のない状態で倒れているところを家族に発見された。家族は直ちに警察に通報し、警部補を病院に搬送したが、午前3時18分ごろに死亡が確認された。警部補は今年4月28日の1回目の接種でアストラゼネカ社のワクチンを打った。そして今月17日の2回目の接種でファイザー社ワクチンを打ち、その後に頭痛や悪寒など異常反応を訴えていたという。

警察関係者は「(警部補が)普段元気だったという同僚や家族などの供述に基づいて、ファイザー社ワクチン接種と死亡の関係性などを確認している」と話したという。

韓国の防疫当局はこのほど、異なるワクチンの組み合わせ接種について「海外でもまだ深刻な副反応は確認されていない」とし、1回目の接種でアストラゼネカ社ワクチンを接種した50代以下の年齢に対し、ファイザーなど他のワクチンを接種する計画を発表していた。

このニュースに韓国のネット上では「コロナワクチンは科学的に研究期間が1年にも満たないのに。ただ接種率を上げようとしてるだけだ。国民は実験対象じゃない」「異なるワクチンの接種はワクチンが足りない国が仕方なく行なっているもの。1種類の接種より危険な行為」など危険性を訴えるユーザーが多く、「コロナよりワクチンの方が恐ろしい」との声も。

韓国政府に対しても「政府はK-防疫(韓国式防疫)の自画自賛ばかりで、悪いことは全部国民のせい」「政権交代したら、ワクチン問題の聴聞会をすべき」など批判が相次ぎ、高校3年を対象にした接種が始まったことと関連して「こんな状況なのに高3は半強制的にワクチンを打たされている。炎天下の中で何時間も並んで待たせるとは、国としてどうなの?」という意見も寄せられている。(翻訳・編集/松村)

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携