57年ぶりの東京五輪、「日本は韓国の相手にならないほど没落」と韓国メディア=韓国ネットにも厳しい声

Record China    2021年7月21日(水) 0時20分

拡大

20日、韓国・ニュース1は「韓国の相手にもならない…57年ぶりの東京五輪、技術大国・日本の屈辱」と題する記事を掲載した。資料写真。

2021年7月20日、韓国・ニュース1は「韓国の相手にもならない…57年ぶりの東京五輪、技術大国・日本の屈辱」と題する記事を掲載した。

記事はまず、日本が1964年に東京五輪を開催したときの状況について「当時としては破格の時速210キロで走る新幹線を公開し、最先端技術時代の幕開けを迎えた。それから15年後にはソニーのビデオカセットレコーダーや東芝のフラッシュメモリなどが世界を掌握し、日本は米国を抑えて世界一の技術大国となった」と説明している。

しかし、半世紀が過ぎた現在については「23日に2度目の東京五輪開幕を控えているが、日本の技術は“恐慌”状態となっている。かつては革新的なウォークマンを流行させたが、現在はアップルのiPhoneの時代になっている。また、周辺国のライバルである韓国とサムスンにスマートフォン・メモリチップで追い抜かれたことはさらに大きな屈辱だ」としている。

また、「日本政府は最近、半導体産業を興すため台湾のTSMCを誘致しウェハー製造工場を設立しようとしているが、日本の半導体チップ生産部門への投資額は、規模からして米国や韓国には遠く及ばない」と指摘。さらに、世界の半導体チップ市場における日本のシェアは、1990年代には50%に達していたが現在は6%で中国を下回っており、その背景としては「研究開発(R&B)力の減少」が挙げられていると説明。「日本政府は海外協力より国内チャンピオンをつくることに力を注ぎ、初期の産業支配力の構築に役立った政府の支援が今日ではむしろ毒になった」と指摘している。

さらに、「日本の技術没落のもう1つの背景」として「米国との貿易戦争」を挙げ、「約40年前に日本の急成長を恐れた米政府は、一定の割合で米国産半導体を使用させたり、貿易関税を課したりした」としている。

ただ、最後には「一方で日本は半導体の装備や材料市場ではいまも高いシェアを維持している」とし、「ロボット工学やスパコンなどの革新分野では優れた実力を見せており、ネット速度も速い」と説明。日本国内の専門家から「政府はこうした成功例に着目し、強者をさらに強く育てていくべきだ」との声が上がっているとも紹介している。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは「時代の変化についていかれなければ淘汰される」「韓国が日本を超えるのも時間の問題だね」「日本は常に自分たちを優秀だと思い込み、努力しないところが問題」「印鑑を押してファックスを使う国だからね」「日本は今回の五輪でさらに状況が悪化するのでは?」など日本への厳しい声が上がっている。

また「昔の生産技術の核心はきめ細やかな設計と作業だった。それは融通の利かない日本の国民性にマッチしていたが、今はそれをロボットが代わりにしてくれる。今後は柔軟さと創造が大事だから、型にはまった思考は発展を妨げる」「日本が抱える最も大きな問題は技術力ではなく、信頼性に欠ける国家イメージ。強者に弱く、弱者に強い。隣国に対しては詐欺行為や嫉妬もひどい」などと指摘する声も。

一方で「また自画自賛?」「日本の技術がなければ半導体をつくれないのに、よく言うよ」とあきれた様子の声や、「韓国も同じ道を辿りつつある。今に満足していたらすぐに中国に追い抜かれる」と警鐘を鳴らす声も上がっている。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携