代理母騒動&脱税疑惑の女優ジェン・シュアン、「チャンスが欲しい」発言にネットでは怒りの声

anomado    2021年7月20日(火) 17時20分

拡大

代理母騒動に続き、巨額の脱税疑惑も話題になった中国の女優ジェン・シュアンが19日、SNSに長文を投稿して謝罪。「事の真相を語るチャンスが欲しい」と書き記し、再び注目を浴びている。

代理母騒動に続き、巨額の脱税疑惑も話題になった中国の女優ジェン・シュアン(鄭爽)が19日、SNSに長文を投稿して謝罪。「事の真相を語るチャンスが欲しい」と書き記し、再び注目を浴びている。

人気若手女優のジェン・シュアンについて今年1月、米国で代理母を通じて授かった男女の2児を放棄していたことが明るみに。子どもたちの父親で元交際相手の張恒(チャン・ホン)氏が中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に投稿したのがきっかけだった。続いて4月には、同じく張氏が過去のメッセンジャーアプリでのやり取りを公開。これを基に、二重契約書を使った巨額脱税の容疑も新たに浮上した。なお、ジェン・シュアンは代理母騒動によって現在、芸能界では封殺対象となっている。

19日夜、ジェン・シュアンがウェイボーに長文を投稿し、代理母騒動について再び謝罪した。同時に、脱税疑惑が浮上するきっかけとなったドラマ出演時の1億6000万元(約27億円)という巨額報酬のうわさについては否定している。さらにジェン・シュアンは、一連の騒動がすべて張氏のウェイボー投稿だったことから、張氏に対して世間を騒がせる投稿をやめるよう要求。これに加えて、国家広播電視総局など業界を管理する政府機関に対し、「世間に向けて事の真相を語るチャンスが欲しい」とも訴えている。

ジェン・シュアンが封殺に追い込まれて以来、騒動について正面から語った投稿はこれが初めて。それだけにネットでは高い関心が寄せられているが、集まったコメントは批判的なものが大半を占めており、「金欠になってきたから早く稼ぎたいらしい」「ほとぼりが冷めたと思ったのなら虫がよすぎる」「これほどの騒ぎを起こして、復帰できるとでも思っているのだろうか?」といった声が。また同じく19日、歌手で俳優クリス(呉亦凡/ウー・イーファン)の未成年女性への性的暴行疑惑が浮上し、世間を大騒ぎさせていることから、「これを隠れみのにしたくて慌てて投稿した」「とても姑息(こそく)な手段だ」と不快感を示す書き込みも多く見られる。(Mathilda

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携