中国からアメリカへ鉄道列車も夢ではない!?米国行き鉄道建設計画が持ち上がる―中国

配信日時:2014年5月13日(火) 9時41分
中国からアメリカへ鉄道列車も夢ではない!?米国行き鉄道建設計画が持ち上がる―中国
画像ID  421275
12日、新京報は、中国が現在シベリアからベーリング海峡を渡り、カナダ経由で米国に達する鉄道建設を計画中だと伝えた。写真は中国高速鉄道。
2014年5月12日、新京報は、中国が現在シベリアからベーリング海峡を渡り、カナダ経由で米国に達する鉄道建設を計画中だと伝えた。今後は鉄道に乗って中国から米国へ行くことができるようになるかもしれない。

その他の写真

著名鉄道専門家の王夢恕(ワン・モンシュウ)氏によれば、鉄道建設にはロシアとアラスカを結ぶベーリング海峡に200キロメートルの海底トンネルを必要とし、開通すれば中国から2日で米国に到着する。

中国は09年に高速鉄道の海外建設戦略を発表。翌10年には複数の国と契約を締結している。建設戦略にはユーラシア、中央アジア、汎アジアの3方向があり、すでにユーラシア線と中央アジア線については基礎工事や国境部分での建設など具体的な話し合いが進められている。

王氏によれば、ベーリング海峡に建設される200キロメートルの海底トンネル技術は福建省と台湾を結ぶ海底トンネルを建設する際にも応用できるものであり、技術的には現在でも可能。(翻訳・編集/YM)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事