シャオ・ジャンに悪質ファンから誹謗中傷、法律事務所が声明

anomado    2021年7月16日(金) 14時50分

拡大

中国の歌手・俳優のシャオ・ジャンの所属事務所が15日、本人へのネット上の誹謗中傷に関する法律事務所の声明を発表した。

中国の歌手・俳優のシャオ・ジャン(肖戦)の所属事務所が15日、本人へのネット上の誹謗(ひぼう)中傷に関する法律事務所の声明を発表した。

所属事務所は同日夜、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で「これまでシャオ・ジャンを侮辱し、誹謗した虚偽の言論に対して、当方はいずれも法律事務所に証拠収集と権利保護を依頼しています。われわれは、ネットの健全な環境を破壊するすべての行為に反対しています。これまでの法に基づいた権利保護は継続的に行われており、今後も法的手段で芸能人の合法的権利を保護してまいります。皆さまも引き続き、自分自身に集中し、冷静さを保ち、無関係な事件の議論には参加せず、悪意のある人物に挑発されないようにしてください」とつづり、上海九沢法律事務所による声明文を添付した。

声明文では、「各プラットフォームにおいて最近、大量のシャオ・ジャン氏に関する虚偽の言論があった」と指摘。いくつかの微博ユーザーのアカウント名を挙げた上で、「その事実でない言論は明らかな侮辱、誹謗の性質を有しており、シャオ・ジャン氏に対する名誉を著しく侵害すると共に不当なネット世論を引き起こしている」とした。そして、「シャオ・ジャン氏に関する事実でない情報の削除と拡散停止、およびシャオ・ジャン氏の名誉を棄損(きそん)する一切の行為の停止」を求めたほか、「シャオ・ジャン氏の名誉を棄損したネットユーザーについては、証拠を固めた上でただちに裁判所に起訴する」としている。

ファンからは「よくやってくれた」「お疲れさまです!権利保護を支持します」「ありがとうございます。彼を守ってあげてください。しっかり証拠を残して悪質ユーザーを訴えて」「メールボックスもしっかりチェックして」「ネットは無法地帯じゃない。支持します」「私たちも冷静になって、挑発されないように気をつけよう」などの声が上がっている。

シャオ・ジャンへの名誉棄損をめぐっては、今年6月に北京インターネット裁判所から被告のネットユーザーらに「謝罪声明の30日間の掲載」「賠償金と裁判費用20万元(約344万円)の支払い」などを命じる判決が下っていた。シャオ・ジャンは過去にたびたび悪質なファンによる迷惑行為に悩まされていることを告白していた。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携