Record China

ヘッドライン:

中国ネットユーザーが日本に敬服=「心から言いたい、あなたに学びますと」―中国ネット

配信日時:2014年5月13日(火) 4時20分
拡大
1/2枚
2014年5月12日、中国のあるネットユーザーが自身のブログに「中国は最も近い国、日本に学ぶべきだ」と主張する記事を掲載した。以下はその概要。

その他の写真

中国は日本から最も近い国だが、中国人は日本という高度に発展し、豊かさと文明を兼ね備えた国についてよく理解していない。われわれはいつも自分勝手で、自らの過ちを顧みてこなかった。われわれのやり方は簡単で荒っぽく、別の角度から思考することがない。わがまま、視野が狭い、妬み嫉みなどはまさしく中国人がよく陥る心理状態を表すと言っていい。

日本で数年間留学していたときに感慨深かった出来事がある。私は毎週末、アルバイトをしていたため、寮に戻るときはいつも終電に乗るしかなかった。私が疲労困憊で電車を降りたとき、駅員さんはいつもそこに立っていて、私に丁寧にお辞儀をして「おやすみなさい」とひと声かけてくれた。冬場は特に乗客もまばらで、お辞儀をしようがしまいが誰も見てはいないのに。仕事に対するこのような姿勢の源は、日本の社会秩序と国民の素養にほかならない。

東京に来たばかりのときは地下鉄に驚いた。毎日、数千万人が利用するのだが、どんなに混んでいても人々は自発的に列に並んで乗車していた。車内では携帯電話の着信音が鳴ることはほとんどなく、電話をかける人もいない。さらに言えば、大声で談笑している人もいない。みんな静かに本を読んだり、ゲームをしたり、あるいは居眠りをしたり。聞こえるのは電車の「ガタン、ゴトン」という音と車掌のアナウンスだけだった。

どうりで「すべての日本が一つの精密機械」と言われるわけだ。日本人の「精巧さ」は社会生活の効率・秩序・品質・調和を高めている。よく「細かい部分が成否を分ける」というが、態度と風格にこれらの「精巧さ」があってこそ、「高品質」な生活が送れるのだろう。

かくも優秀で恐るべき民族に向き合うなか、われわれは「GDPが日本を超えた」ことに得意になっていて良いのだろうか。しかも、厳密にはわれわれのGDPのほとんどは外資である。不動産バブルと深刻な環境破壊。資源を浪費して得た、血に染まったGDPなのだ。真面目な顔の裏に隠された日本人の執着とこだわりは尊敬に値する。私は心から言いたい。「日本人よ。あなたに学びます」と。(翻訳・編集/北田

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング