オーストラリア選手団、食事持参で東京五輪へ=中国ネット「日本への侮辱」「中国もそうすべき」

Record China    2021年7月15日(木) 20時20分

拡大

まもなく開幕する東京五輪について、中国中央テレビのニュースサイト・央視網は14日、「オーストラリア選手団は食事持参で選手村に入る」と報じた。

まもなく開幕する東京五輪について、中国中央テレビ(CCTV)のニュースサイト・央視網は14日、「オーストラリア選手団は食事持参で選手村に入る」と報じた。

央視網は「日本で新型コロナウイルスの感染が再拡大しており、五輪関係者は少なくとも18人が感染、このうち2人はルールに違反し複数人で食事をした選手村のスタッフだった。これが一部の代表団の日本の感染対策への不信感を招き、オーストラリア代表団は食事を持参して入村、選手らに選手村の食堂での滞在時間を少なくするよう求めた」と報じた。

しかし、オーストラリア選手団が感染防止の観点から食事を持参することは、今年4月の時点ですでに現地メディアなどで報じられていた。同選手団が選手村スタッフの感染を受けて食事の持参を決めたとする央視網の報道は誤りと言えそうだ。

ただ、中国では過去に韓国選手団が食事や寝具を持参すると報じられたことも大きな注目を集めたことに加え、最近では五輪関連の日本の感染対策の問題点が数多く指摘されていることから、この話題への関心は高い。中国版ツイッター・微博(ウェイボー)のランキングでは「オーストラリア選手団は食事持参で選手村に入る」が上位に入った。

中国のネットユーザーからは、「日本への最大の侮辱だな」「中国選手団も同じようにした方がいいと思う」「われわれも料理人を帯同した方がいい。日本は信用ならない」といった声が多数上がったほか、「今回の五輪は本当に災難だらけだ」「こんな状況で五輪を開催する方がおかしい」「中国は選手の安全を第一に考えてほしい」「(選手村スタッフの感染について)日本って仕事をきっちりやる国じゃなかったのか?」といった声が出ている。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携