集中豪雨で三峡ダムの水位上昇―中国

人民網日本語版    2021年7月13日(火) 17時40分

拡大

集中豪雨の影響を受け、嘉陵江の支流である渠江では大幅な水位上昇が観測されている。

(1 / 5 枚)

集中豪雨の影響を受け、嘉陵江の支流である渠江では大幅な水位上昇が観測されている。長江委員会水文局は、10日午後9時、渠江に黄色洪水警報を発令、11日午前10時には警報レベルをオレンジ色に引き上げると同時に、嘉陵江下流地域の主流に洪水青色警報を発令した。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

河川の水位上昇の影響で、三峡ダムへの流入量が目に見えて増えており、12日から14日にかけて毎秒3万6500立方メートルに達した。長江委員会による調整指令に基づき、三峡ダムでは、11日午後6時より、発電ユニットの総出力に応じて放流量を増加させ始めた。12日午後2時の時点で、三峡ダムの放流量は毎秒3万1000立方メートル、ダムの水位は146.18メートルとなっている。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携