世界遺産の千手観音から大発見!文字の刻まれた隠しレンガ見つかる―重慶市

Record China    2014年5月12日(月) 16時35分

拡大

12日、重慶市にある世界遺産で、「大足石刻」と呼ばれる大彫刻群のうち、修復作業が行われている千手観音の腹部に、文字が刻まれたレンガや金箔、瓷器の破片などが隠されているのを、専門家らが発見した。

(1 / 3 枚)

2014年5月12日、重慶市にある世界遺産で、「大足石刻」と呼ばれる大彫刻群のうち、修復作業が行われている千手観音の腹部に、文字が刻まれたレンガや金箔、瓷器の破片などが隠されているのを、専門家らが発見した。発見された長方形のレンガには、表と裏にいずれも赤い文字が刻まれている。大足石刻研究院石質文化財保護センターの陳卉麗(チェン・フイリー)副センター長によると、千手観音からこのようなレンガが発見されるのはこれが初めて。新華社が伝えた。

その他の写真

文化財の専門家が現在、発見されたレンガやそのほかの文化財の調査を進めている。南宋(1127〜1279年)に作られた千手観音は、高さ7.7メートル、幅12.5メートル。高さ15〜30メートルの岩壁に刻まれており、腕1007本が羽を広げたクジャクのようになっている。同地は気温や湿度が高く、酸性雨の影響などもあり、近年千手観音の老朽化が進み、水の浸透や細部の風化、岩体の破損、金箔の変色、剥落などが深刻化していた。そのため、2008年から修復作業が始められ、15年上半期に完了する計画となっている。(提供/人民網日本語版・翻訳/KN・編集/武藤)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携