大谷翔平に暴言吐いた投手が釈明「彼に言ったのではない」=台湾でも注目「自己中」「大したことじゃない」

Record China    2021年7月12日(月) 16時20分

拡大

メジャーリーグ・エンゼルスの大谷翔平の活躍が連日伝えられている台湾で、大谷が相手選手から「罵倒された」と報じられ、ネットユーザーから反響が寄せられている。

メジャーリーグ・エンゼルスの大谷翔平の活躍が連日伝えられている台湾で、大谷が相手選手から「罵倒された」と報じられ、ネットユーザーから反響が寄せられている。

大谷は自身の誕生日である5日にレッドソックスとの試合に出場。レッドソックスがリードした9回裏2死1、2塁の場面で打席に立ったが、相手投手のアダム・オッタビーノにセカンドゴロに打ち取られた。この時、オッタビーノは「誕生日おめでとう!クソ野郎!」と大谷を侮辱するような言葉を叫んだと報じられている。

この件について、オッタビーノは11日、ボストン・ヘラルドとのインタビューで、「(大谷が)誕生日なのは知っていた。みんなが彼に打ってほしいと思っているのも知っていた。自分としては彼を抑えるんだという気持ちだった」と説明。自身の投球内容や審判の判定にいらだっていたとし、「(暴言と言われる部分は)彼に向けて言ったのではない」と主張した。

また、大谷には連絡していないとし、「申し訳ないとは思っていない。彼に対する発言ではないし、誰も僕が言ったことを聞いていなかった。彼にも聞こえていなかっただろう。ネットユーザーたちが唇の動きを読んでいるだけのことだ」「私はいつもマウンドでクレイジーなことを言っている。集中するためであって、無礼なことをしようとしているのではない」などと訴えた。

オッタビーノの説明について、台湾のネットユーザーからは「アメリカはまた自己中心的な優越感に浸っている」「他人が優れているということをアメリカ人が認められないのは、今に始まったことじゃない」「嫉妬しているからだろう。大谷が優秀過ぎることの証明」「彼が発した言葉は、彼自身にこそお似合いな気がするが」など、批判的な声が上がった。

一方で、「まあ、ずっと批判し続けることもないんじゃない?はっきり言って大したことじゃないよ」「アジアのスター選手は少ないからね。ファンは宝物のように扱うから」「(こうした暴言が)話題になるのは、大谷のこれまでの印象が良いからだろう」「選手が互いに叫び合うのは普通のこと。アジアの野球ファンはちょっと気にしすぎ」「試合で熱くなることはある。人種差別にまで話を広げる必要はない」など、冷静な意見も見られた。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携