中国外交部「中国語を国の教育制度に取り入れる国は70数カ国に」

人民網日本語版    2021年7月9日(金) 15時0分

拡大

中国外交部によると、2020年末時点で、世界180余りの国や地域で中国語教育が行われ、70数カ国が国の教育制度に中国語を取り入れている。

中国外交部の汪文斌(ワン・ウェンビン)報道官は7日の定例記者会見で、国連中国語デーのイベントに関する質問に答えた際、「長年にわたり、中国語の使用は国連の活動の効果的な実施を確保し、中国と外国との人的・文化的交流、民心の通じ合いも促進してきた」と述べた。

汪報道官はまた、「2020年末時点で、世界180余りの国や地域で中国語教育が行われ、70数カ国が国の教育制度に中国語を取り入れている。現在中国語を学んでいる外国人は2000万人を超え、外国の中国語学習・使用者は累計2億人近くに達している。中国外交部の定例記者会見でも、中国語で質問する外国の記者が増えている。われわれは引き続き各国の友人のために必要な便宜を図り、サポートをしていく」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携