国連報告書の世界10大都市にアジアから7都市―中国メディア

人民網日本語版    2021年7月6日(火) 19時10分

拡大

国際連合がこのほど発表した報告書「世界都市化予測」は、世界の人口100万人以上の超大都市をランキング形式で並べ、上位10都市のうち、アジアが7都市を占めたという。写真は東京。

ドイツの週刊誌「フォークス」の5日付報道によると、国際連合がこのほど発表した報告書「世界都市化予測」は、世界の人口100万人以上の大都市をランク付けし、上位10都市のうち、アジアが7都市を占めたという。環球時報が伝えた。

同報告書は都市の定義を「都市エリア」まで広げた。これはつまり、都市人口には都市部の人口が含まれるだけでなく、都市周辺地域の住民も含まれることを意味する。世界最大の10都市の人口は合わせて約2億3300万人に上る。1位は東京で3750万人の人口を擁し、大阪は1920万人で10位だった。

インドの首都ニューデリーは人口2850万人で世界2位、経済の中心地のムンバイは2000万人で7位だった。中国からも2都市がベスト10入りし、金融の大都市の上海が2560万人で3位、首都北京が1960万人で8位。9位にはバングラデシュの首都ダッカが入り、人口は1950万人だった。

ベスト10のうちアジア以外は3都市にとどまった。4位にブラジルのサンパウロ(2170万人)、5位にメキシコの首都メキシコシティ(2160万人)、6位にエジプトの首都カイロ(2010万人)が入った。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携