【CRI時評】中国共産党と中国人民との関係に対するいかなる挑発的手段も思いのままにならない

CRI online    2021年7月6日(火) 18時40分

拡大

「中国共産党を中国人民と分割、対立させようとするいかなる企ても絶対に思いのままにならない」。習近平中国共産党中央委員会総書記は、中国共産党創立100周年祝賀大会で明言した。

「中国共産党を中国人民と分割、対立させようとするいかなる企ても絶対に思いのままにならない。9500万人以上の中国共産党員は受け入れない。14億人以上の中国人民も受け入れない」。習近平中国共産党中央委員会総書記は、中国共産党創立100周年祝賀大会で明言した。

政党の性質の観点からすれば、人民性は、中国共産党の最も鮮明な下地の色であり、マルクス主義政党とその他の政党とを区別する顕著な印でもある。中国共産党は誕生したその日から、いついかなる時も人民の利益を最優先すると宣誓した。

100年を越えて、中国の革命、建設、改革の各時期における試練を経験し、中国共産党と中国人民との関係は水と乳が一つに溶け合うようによく調和しうまくいっている。世界的大手PRコンサルティング会社エデルマンが発表した2020年の信頼度調査報告書によると、中国人の自国政府への信頼度は95%と高く、調査対象国で首位となっている。この結果を見れば、中国共産党と中国人民との関係に対して挑発を試みる論調がお笑い草なのは明らかだ。

中国共産党は、「人民は歴史の創造者、真の英雄」を固く信じている。「山河こそ人民、人民こそ山河」は、中国共産党の100年にわたる奮闘の道のりの深い総括だ。中国共産党の執政における最大の底力である中国人民の支えがあれば、いかなる挑発や離間も「蚍蜉(ひふ)大樹(たいじゅ)を動かす」であり、徒労に終わる。

全ては人民のために、全ては人民をよりどころに。二つ目の100年の奮闘目標という新たな試練の道で、中国共産党は引き続き、団結して中国人民を率い、さらに多くの発展の奇跡を創造し、もっと素晴らしい未来を勝ち取っていく。(CRI論説員)

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携