天津市の上空に異様な雲、その「正体」は?―中国メディア

Record China    2021年7月6日(火) 20時50分

拡大

5日、頭条新聞は、天津市の上空に「怪しい雲」が出現してネットユーザーが次々と映像をネット上に掲載したと報じた。

2021年7月5日、頭条新聞は、天津市の上空に「怪しい雲」が出現してネットユーザーが次々と映像をネット上に掲載したと報じた。

記事は、天津市で5日に多くのネットユーザーが上空を撮影した動画をネット上に掲載したと紹介。映像には都市部の上空で灰色の雲の塊が濃い煙のように高速でモクモクと湧き出し移動する様子が写っており「見たところ、非常に奇怪であった」と伝えた。

その上で、気象の専門家がこの「怪しい雲」について「糙面雲」と呼ばれるもので、積層雲が前線やその他強い気流によって限界まで積み上がった後にしわのような模様の形状を呈すると解説し、見た目は怖いものの災害の発生とは何ら関係ないとしたことを紹介した。このような雲は、大雨が降った後に発生しやすいという。

この現象について中国のネットユーザーは「テレビでこんなシーンが出てきたら、妖怪が出現する」「西遊記にこんなシーンがありそう」「兄貴、お師匠さんがまた妖怪に捕まっちまったよ!ってセリフが聞こえてきそうだぞ」「映画のシーンを見ているようだった」「カメラに霊魂が写っちゃったように思える」「黒い雲が街を覆う光景はとても怖い」「こんなの初めて見た。大自然は本当にすごいな」「仙人がその辺で修行してたのかもしれないな」「怖いんだけど、なんだか美しくも見える」といった感想を残している。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携