日本風ロリータファッションでダンスも場所が悪かった?中国ユーチューバー、批判殺到で謝罪―中国メディア

Record China    2021年7月5日(月) 12時20分

拡大

4日、観察者網は、中国で人気のメイク動画制作者の女性が日本のロリータ風衣装を着て遼寧省の旅順博物館前でダンスをした動画を公開して炎上したと報じた。

2021年7月4日、観察者網は、中国で人気のメイク動画制作者の女性が日本のロリータ風衣装を着て遼寧省の旅順博物館前でダンスをした動画を公開して炎上したと報じた。

記事は、メイクのクオリティーとともにメイク中の軽妙なトークで人気を博し、中国の動画サイト・ビリビリで670万人以上、中国版ツイッター・微博で228万人以上のフォロワーを抱え、YouTubeでもチャンネルを開設して動画配信を行っている女性動画制作者「機智的党妹」さんがこのほど、日本風のロリータ衣装を着て友人と一緒に、日本の動画サイトで見られる「踊ってみた」風のダンスを披露する動画をビリビリ上に公開したと伝えた。

そして、この動画にはかつて日露戦争の激戦地となり日本の中国侵略と繋がりの深い場所として認識されている旅順博物館の前でダンスをするシーンが約30秒間含まれており、「日本軍による暴行があった場所で、日本の影響がある服装を着て楽しそうに日本の文化に関係するダンスを踊るというのは実に不適切」といった批判がネットユーザーから噴出したとしている。

その上で、ネットユーザーから批判を受けた「機智的党妹」さんが3日にビリビリで短い謝罪コメントを発表したものの、「謝罪が軽すぎる」として批判が収まらず、翌4日に改めてビリビリと微博上で「ロケハン時に旅順博物館が持つ深い意味に考えが至らなかった。無知により重大なミスを犯してしまった。あらゆる指摘を甘んじて受け入れるとともに、深くおわびする」との謝罪声明を出したと伝えた。

「機智的党妹」さんによれば、動画は本来自身が通っていた大学で撮影しようと思っていたが、新型コロナの影響により母校に入れなかったため、遼寧省大連市の各著名スポットで撮影することになり、その一つとして旅順博物館を選んだのだという。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携