金正恩氏、側近に懇請されダイエット?地方に1カ月滞在し10キロ減量―韓国紙

Record China    2021年7月4日(日) 13時30分

拡大

北朝鮮の金正恩・国務委員長について、韓国紙は側近らの懇請を受け、1カ月にわたり地方で「ダイエット」を行っていたと報じた。韓国の情報当局は体重が10キロ以上減ったと推定している。北朝鮮

最近、激やせした姿で登場した北朝鮮金正恩・国務委員長について、朝鮮日報は側近らの懇請を受け、1カ月にわたり地方で「ダイエット」を行っていたことが分かった、と報じた。韓国の情報当局は金正恩氏の体重は少なくとも10キロ以上減ったと推定している。

同紙が伝えた北朝鮮の内部事情に詳しい消息筋の話によると、金正恩氏はストレスに加え飲酒、喫煙、高脂肪の食習慣が原因で体重が増え、話すときは息が切れるほど健康が悪化していたという。身長170センチの金正恩氏は体重が140キロに達し、まだ30代の若さにもかかわらず中高齢者に主に症状が出る成人病も発症している様子だった。

この消息筋は「金正恩氏の体重が増え過ぎたため、健康状態を心配する意見が相次いだ」と指摘。「4月15日の故・金日成主席の誕生日に抗日パルチザン家族が金正恩氏に手紙を送り、『元帥様の健康は祖国と人民にとって最大の願い』と訴え、ダイエットと休息を勧めた」と説明した。

これに対し、金正恩氏は当初、「人民のためにやることが多いのに休むことはできない」として拒絶したが、朝鮮労働党の李炳哲・常務委員ら側近が再び懇請したためこれを受け入れたという。金正恩氏は1カ月にわたり地方に滞在し、体重の管理を行ったとされる。消息筋によると、1カ月ぶりに戻った金正恩氏の姿を見て幹部らも驚くほど体重に変化が出たようだ。

金正恩氏は5月7日に軍人家族芸術サークル公演の参加者との写真撮影が報じられてから1カ月近く公開の活動はしてこなかったが、6月4日に党政治局の会議を皮切りに中央軍事委員会拡大会議や全員会議などを相次いで招集した。

6月15~18日に党中央委員会全員会議を主宰した金正恩氏は以前に比べて誰が見ても痩せていたため注目を集めた。国営朝鮮中央テレビは先日、国務委員会演奏団の公演を鑑賞したある住民が「敬愛する総秘書同志のおやつれになったお姿を見た時、人民は最も胸を痛めた」と答えるインタビューを放映。金正恩氏が減量したことを正式に認めた。

この背景には「金正恩氏の健康状態に関する臆測を防ぐとともに、食糧難にあって国民と犠牲を分かち合う最高指導者の姿を演出する北朝鮮指導部の意図があるのではないか」との見方もある。(編集/日向)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携