東京五輪で福島産ヒラメ提供に韓国驚き、代表団「食事は自分たちで準備」―中国紙

Record China    2021年6月30日(水) 23時20分

拡大

30日、環球時報は、東京五輪・パラリンピックの選手村で提供される食事に福島県の食材が使用されることについて、韓国代表団がこれを利用せずに食事を持参することを決めたと報じた。写真はヒラメ。

2021年6月30日、中国紙・環球時報は、東京五輪・パラリンピックの選手村で提供される食事に福島県の食材が使用されることについて、韓国代表団がこれを利用せずに食事を持参することを決めたと報じた。

韓国メディアは28日、東京五輪・パラリンピック組織委員会が選手村の食堂で提供する食材に福島県産のものが含まれる予定であることを明らかにしたと報じた。

これについて、環球時報の記事は韓国・中央日報の29日付報道を引用。韓国の「元選手村村長」という人物が「メニューに福島産のヒラメが入っていると聞き、非常に驚いた。日本の自信は一体どこからやってくるのか分からない」と語ったことを伝えた。

また、五輪韓国選手団のチャン・インファ団長が「選手村付近に設置する給食センターに必要な食材をすでに輸送している。果物や肉、魚は日本の検査を通ったものを用いる。試合会場やトレーニング地点では、選手団が弁当を支給する」と述べたことも紹介している。

記事は、東京五輪・パラリンピック組織委員会は食品の具体的な生産地については明かしていないとする一方で、日本は五輪・パラリンピックを通じて福島産食品の安全性をアピールしようとしていると伝えた。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携