今年下半期にオンエアの時代劇ドラマ、ブロマンス新作「烽火流金」など話題作が豊富

anomado    2021年6月28日(月) 16時20分

拡大

今年の下半期に配信を予定している最新の中国時代劇ドラマから、特に注目の作品となるドラマ作品を台湾メディアが紹介している。

今年の下半期に配信を予定している最新の中国時代劇ドラマから、特に注目の作品となるドラマ作品を台湾メディアが紹介している。

今年の上半期は「山河令」「錦心似玉」「長歌行」といった作品が次々と人気を集め、充実したラインナップとなった中国時代劇ドラマ。このほど台湾メディアが紹介した下半期の注目作品では、全45話のドラマ「玉楼春」がトップに上がっている。

「玉楼春」は明朝を舞台に、冤罪で没落した高官一家の娘がリベンジに挑む時代劇ドラマ。「招揺」の女優バイ・ルー(白鹿)、「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」の番外編「金枝玉葉」などで知られる俳優ワン・イージョー(王一哲)が主演している。

昨今人気のブロマンス作品からは、2018年のヒット作「鎮魂」と同じPriestの小説を映像化する「烽火流金」が登場。制作発表当時は「殺破狼」のタイトルだったが、その後の検閲時に「烽火流金」に変更している。このところ「君、花海棠の紅にあらず」や「驪歌行」などで演技の光るタン・ジエンツー(檀健次)と、映画「唐人街探偵 東京MISSION」にも出演のチェン・ジョーユエン(陳哲遠)が主演している。

さらに、「玉楼春」と同じくバイ・ルーと「花様衛士~ロイヤル・ミッション~」のアレン・レン(任嘉倫)が共演の「長安如故」も注目の一作に。「宮廷女官 若曦(ジャクギ)」「マイ・サンシャイン ~何以笙簫默~」などの脚本を手掛けた墨宝非宝の原作小説をドラマ化した作品となる。

ラブストーリーの時代劇ドラマ「月昭記」は、「あったかいロマンス」で人気急上昇した女優シン・フェイ(邢菲)、「奈何Boss要娶我」で注目された俳優シュー・カイチェン(徐開騁)が主演の作品。今年初めに撮影された同作が早くも配信待機にリスト入りしている。

このほか、俳優ウィリアム・フォン(馮紹峰)と女優ポン・シャオラン(彭小苒)主演の「九州・朱顏記」、俳優チョン・イー(成毅)と女優チャン・ユーシー(張予曦)主演の「夢醒長安」などがお薦めのドラマとして紹介されている。(Mathilda

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携