米国で韓国ヒュンダイに集団訴訟「走行中に激しい揺れ」=韓国ネット「またか」「ウッズの事故とも関係?」

Record China    2021年6月24日(木) 17時20分

拡大

24日、韓国・デイリーカーは、韓国・現代自動車が米国で集団訴訟を起こされたと報じた。写真はジェネシスのエンブレム。

2021年6月24日、韓国・デイリーカーは、韓国・現代(ヒュンダイ)自動車が米国で集団訴訟を起こされたと報じた。

記事によると、米フロリダ州のコーウィン法律事務所は、現代自動車の高級ブランド・ジェネシスのGV80について「走行中、振動と共に一方に激しく傾く現象が発生し脅威を感じる」として集団訴訟を起こした。

訴訟代理人のバーバラ・ファインスタイン博士はメリーランド州でGV80を購入し、その2日後にフロリダ州にある自宅に向かって約1170キロメートルほど走行したところで上記の現象が発生。「適正な速度で数時間走行した時点で危険を感じるほど車体が揺れて左側に傾いたので、車道から外れないよう身もだえた」と主張したという。

コーウィン法律事務所側は「現代自動車はこの現象を認知しており、昨年6月にはGV80のディーゼル車の販売を中止するなど、エンジンの振動による不安定さを解決できていない状態」と説明。現代自動車の行為は「消費者保護法違反」「明示的・黙示的保証違反および不当行為」にあたると主張しているという。

これに韓国のネットユーザーからは「韓国内だけなく海外でもぼったくるのか。デザイン性よりも品質を高めてほしい」「お金のことしか考えていないからこうして不満が絶えない」「またか。まともなエンジンを造ってほしい」など現代自動車への批判の声が上がっている。

また「振動と震えを感じることが現代自動車に乗る醍醐味だよ」「マッサージもできて一石二鳥じゃん」「現代自動車にはつまらない日常に刺激を与えてくれる“感性オプション”がついていることを米国の顧客は知らないようだ。ただ、そのオプションは外すことができないんだけどね…」など皮肉交じりの声も。

その他「タイガー・ウッズの交通事故(ジェネシスGV80に乗っていた)とも関係あるのでは?」「米国ならちゃんとした対応をするだろうね。韓国では『お客様の過失です』で終わりだけど」などの声も見られた。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携