「明蘭」のチャオ・リーイン、最新作の大型時代劇で「山河令」チャン・ジョーハンと共演か

anomado    2021年6月24日(木) 10時20分

拡大

中国の南北朝時代を舞台にした時代劇ドラマ「北斗南箕之歌」(仮)で、女優チャオ・リーインと俳優チャン・ジョーハンが共演する可能性が濃厚だと複数の中国メディアが報じている。

中国の南北朝時代を舞台にした時代劇ドラマ「北斗南箕之歌」(仮)で、女優チャオ・リーイン(趙麗穎)と俳優チャン・ジョーハン(張哲瀚)が共演する可能性が濃厚だと複数の中国メディアが報じている。

すでに制作が明らかになっている「北斗南箕之歌」は、「琅琊榜(ろうやぼう)」や「明蘭~才媛の春~」「清平楽」など、高品質なドラマ作りで視聴者から絶大な信頼を得る制作会社・正午陽光影視有限公司の最新作。北魏の第6代皇帝・孝文帝と馮太后(文明皇后)を描く作品で、全45話の構成となり、今夏にもクランクインとされている。

同作については、「明蘭~才媛の春~」に主演したチャオ・リーインの起用が今年初めに報じられていた。その後、女優のグアン・シャオトン(関暁彤)とヒロインの座を争っているとの話題も浮上したが、今春にはほぼ確定との報道が。さらにその後、共演の俳優について「清平楽」のワン・カイ(王凱)をはじめ、ホアン・シュエン(黄軒)、バイ・ユー(白宇)、リー・イーフォン(李易峰)らの名前が浮上していた。

ニュースサイト大手の新浪(SINA)をはじめ複数の中国メディアがこのほど、主演の顔ぶれについてチャオ・リーインおよびチャン・ジョーハンの名前を挙げ、共演の可能性が濃厚だと報じている。今年、武侠ファンタジードラマ「山河令」でブレークしたチャン・ジョーハンだが、もし決定であれば強力なライバルたちを下して大役を射止めたことになり、チャオ・リーインとも初めての共演となる。

「北斗南箕之歌」については、ドラマ「雍正王朝」や「李衛当官」などを手掛けた国家一級脚本家のリウ・ホーピン(劉和平)氏と、「琅琊榜」や今年のヒット作「山海情」を担当したコン・ション(孔笙)監督がタッグを組むことがすでに発表されている。(Mathilda

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携