Record China

ヘッドライン:

対ステルス戦闘機用レーダー、高感度ソナー…中国兵器展に新兵器続々―中国紙

配信日時:2014年5月12日(月) 7時20分
拡大
9日、中国で開催された国防電子装備展にステルス戦闘機対応のレーダー、高感度の光ファイバー・ソナー・システムなどが登場した。写真は旅順港の軍艦や潜水艦。
(1/2枚)

2014年5月9日、環球時報は記事「中国の新兵器、多数公開=日米のステルス戦闘機、潜水艦に対抗」を掲載した。

その他の写真

8日、第9回中国国際国防電子装備展が開幕した。会場には多くの新兵器が登場、注目を集めた。その一つが中国電子科技集団公司の新型レーダー。複数のレーダーを協調して稼働することでステルス戦闘機の探知に力を発揮する。

同様に注目を集めたのが、光ファイバー・ソナー・システム。海中に設置するタイプのソナーで、音波を光信号に変換することで高精度の探査が可能となる。日本やベトナムが新たに就役させた静音型潜水艦に対抗しうる能力を持つ。

また、新型の音響兵器も登場した。すでに米国が実用化している兵器だが、離れた相手に大音量で警告したり、騒音で行動を妨害するなどの活用が可能となる。(翻訳・編集/KT)

関連記事

ランキング