<日中識者対談第15回>バイデン大統領と習近平主席の会談はあるのか

Record China    2021年6月21日(月) 17時30分

拡大

中国に対する攻勢を強める米国。一方で、中国との首脳会談の用意があることもほのめかした。米中首脳会談は果たして行われるのか。

G7で民主主義と専制主義の戦いだとまで述べ、西側の結束に成功した米国は、その後も、中国に対する攻勢を強める一方だ。しかし同時に、米国は中国との首脳会談の用意があることもほのめかした。折しも10月31日にはイタリアでG20が予定されている。   そして、いまや米国と「新大西洋憲章」で合意した英国のジョンソン首相は、11月初めから英国で開かれる予定の第26回気候変動枠組条約締約国会議(COP26)を首脳レベルにしようとして、米中首脳会談の仲介を買って出ようとしているようにみえる。   果たしてバイデン大統領と習近平主席の首脳会談は行われるのか。前回の対談で米中首脳会談の可能性について見事に予想した凌星光福井県立大学名誉教授に元大使の天木直人氏がこれからの米中関係のみどころについて迫る。詳しくは動画を参照下さい。

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携