ワン・イーボーは努力型演技ドル、共演者も太鼓判!―中国

anomado    2021年6月18日(金) 10時10分

拡大

ドラマのPR活動のため、北京の新浪を訪れた俳優のホアン・ジンユーが偶然ワン・イーボーのあることに触れ、ネットで話題をさらっている。写真はワン・イーボー。

動画配信サービス・愛奇芸(アイチーイー/ iQiyi)で好評配信中のロマンスドラマ「愛上特種兵(原題。以下同)」のPR活動のため、北京の新浪(SINA)を訪れた俳優のホアン・ジンユー(黄景瑜)が偶然ワン・イーボー(王一博)のあることに触れ、ネットで話題をさらっている。

ホアン・ジンユーとワン・イーボーといえば、国連PKOを描いた映画「維和防暴隊」の共演仲間で、それぞれ隊長と隊員の役を演じている。この日、ホアン・ジンユーが語ったのは「イーボーは役作りのために、驚きの筋トレに励んでいた。彼のパーソナルトレーナは筋肉マッチョな人で、僕も時々一緒にトレーニングをした」というもの。ワン・イーボーは中国で絶大な人気を誇るアイドル俳優なだけに、ネットで関連の話題の閲覧回数は1億9000万回に上り、コメント投稿数も8万件に迫る勢いが見られた。

ワン・イーボーの役作りのための努力を振り返ると、ファンタジー時代劇陳情令」で藍忘機役を演じた際は間食をブラックコーヒーだけにし、武侠ドラマ「有翡」では虚弱体質の謝允のキャラに合わせるため、一日一食しか食べなかったという。その後、役柄の範囲が広がり、麻薬取締官を描いたドラマ「氷雨火」や軍人を描いた映画「維和防暴隊」、25歳の若さで亡くなった革命の先駆者・蒋先雲を描いた「抉擇」に相次ぎ出演するが、警官や軍人のイメージに合わせるため、この頃から過酷な肉体改造に挑んでいたとみられる。

ワン・イーボーのひたむきに頑張る姿に、ファンからは「イーボーは成功の秘訣について『努力7割、才能2割、運気1割』と言ったことがある。役作りのために頑張る彼を尊敬!」「この前シャネルのイベントに出席した際、『首回りが太った』『イメージダウン!』とネットで騒がれたが、すべては役作りのためだったんだね!」「そういえば、ワン・イーボーは一度も弱音を吐いたことがない!『ロケ地は暑かったか』と聞かれると、『雨も降るし、風も吹く』と答え、『ダンスの練習で疲れたか』と聞かれると『少し休めばすぐ回復する』といつもポジティブ」など、理解と応援のコメントが多く寄せられた。

作品のジャンルが広がるにつれ、演技力も磨かれていくワン・イーボー。これから公開されるドラマや映画で見せるパフォーマンスはどれほどパワフルなものなのか、ファンはワクワクしながら待ちわびている。(編集/RR)

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携