<サッカー>日本にとって手ごわい相手に?中国がシリアに完勝で最終予選進出!ファン歓喜

Record China    2021年6月16日(水) 13時20分

拡大

15日に行われたサッカーのワールドカップアジア2次予選で中国がシリアに3-1で勝利し、最終予選進出を決めた。

15日に行われたサッカーのワールドカップ(W杯)アジア2次予選で中国がシリアに3-1で勝利し、最終予選進出を決めた。

中国は、スペインでプレーする武磊(ウー・レイ)、張稀哲(ジャン・シージャー)、張玉寧(ジャン・ユーニン)のゴールでグループ首位のシリアに勝利。6勝1敗1分でシリアに次ぐ2位だったものの、各グループ2位のうち成績上位5カ国に入り、最終予選進出を決めた。

いつもは自国の代表に手厳しい中国のファンからも「おめでとう。代表チームの威風」「意地を見せた」「アンチだけど、今回はマジで感動した」「90分になっても高い位置からプレスをかけ続ける中国代表を初めて見た」「今回はW杯(本大会)出場に期待が持てるぞ」「中国代表の上昇の始まりだ」「最終予選もこの調子で頼む」など、好意的な声が相次いでいる。

中国代表を率いる李鉄(リー・ティエ)監督は試合後、「選手たちが見せてくれた闘志に満足している」とし、「われわれは基本的に試合をコントロールできていた。チームメイトがミスをしても、すべての選手が下を向くことなく互いに『大丈夫だ、もう一度、いけるぞ』と励まし合っていた」と評価した。また、エースの武磊の活躍について「スペインでの成長ぶりは明らか。若い選手、海外でのプレーを希望する選手が自信を持てるよう応援してほしい」と語った。

中国は2次予選2位通過ながら、8試合で30得点3失点(シリアは22得点7失点)と安定した戦いぶりを見せた。エウケソンら帰化選手が複数メンバー入りしていることに目が行きがちだが、唯一の海外組である武磊が2次予選5戦連続ゴールと決定力の高さを見せているほか、張玉寧、呉曦(ウー・イー)ら本国出身選手もコンスタントに得点を挙げている。最終予選で日本と同組になれば手ごわい相手になるかもしれない。

W杯カタール大会のアジア最終予選進出国はすでに出そろっており、日本とイランがポット1、韓国とオーストラリアがポット2、サウジアラビアとイラクがポット3、UAEと中国がポット4、シリアとオマーンがポット5、ベトナムとレバノンがポット6。最終予選は2グループに分かれ、各グループ上位2カ国が本大会出場権を獲得。グループ3位同士がプレーオフで対戦し、勝利した国が北中米カリブ海予選4位チームとの大陸間プレーオフを行う。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携