G7サミットのコロナ検査キットは「中国製」=欧州記者「西側列強はまだ中国からの助けを必要としている」

Record China    2021年6月14日(月) 16時40分

拡大

英国で開催されたG7サミット。取材陣には毎日コロナ検査が求められたが、その簡易検査キットが「中国製」であることに、欧州の記者から「西側列強はまだ中国からの助けを必要としている」との声も聞かれたという。

コロナ禍の中、英国のリゾート地で対面形式で開催された主要7カ国首脳会議(G7サミット)。メディアセンターに入る取材陣には毎日、コロナ検査が求められたが、その簡易検査キットが「中国製」であることに、欧州の記者から「西側列強はまだ中国からの助けを必要としている」との声も聞かれたと、中国紙・環球時報(電子版)が報じた。

記事は、G7サミットについて「バイデン米大統領がこの会議に参加する目的は非常に明確だ。すなわち、中国とロシアを封じ込めるために他の西側世界の同盟国と統一戦線を構築することにある」とした。

その上で、欧州のジャーナリストのジャック・パロック氏がツイッターに、「MADE IN CHINA」と記された簡易検査キットの箱の写真を投稿し、「G7サミットで毎日行わなければならない新型コロナウイルス​迅速検出テストは中国製だ。西側列強はまだ東側からの少しの助けを必要としている」とのコメントを添えたことを取り上げた。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携