韓国代表ソン・フンミンのゴールパフォーマンス、中国ネットも絶賛「涙が出そう」

Record China    2021年6月14日(月) 20時0分

拡大

サッカーのW杯アジア2次予選の韓国対レバノンの試合で、ソン・フンミンがゴール後にデンマーク代表エリクセンに向け「愛してる」とメッセージを送った。

サッカーのワールドカップ(W杯)アジア2次予選の韓国対レバノンの試合で、韓国代表のソン・フンミンがゴール後にデンマーク代表クリスティアン・エリクセンに向け「愛してる」とメッセージを送った。中国のネットユーザーからも称賛の声が相次いでいる。

12日に行われた欧州選手権1次リーグB組のデンマーク対フィンランドの試合中、突然意識を失ったエリクセンがピッチ上に倒れ、選手や観客らが騒然となった。エリクセンにはその場で心肺蘇生が施され、取り囲むように集まった味方選手は目に涙を浮かべた。

エリクセンはその後、搬送され意識を取り戻した。試合は本人の希望もあり2時間後に再開され、最終的にフィンランドが1ー0で勝利した。エリクセンの容体は、現在は安定しているという。

エリクセンを心配する声は他国の選手からも上がった。昨シーズンまでイングランド・プレミアリーグのトッテナムで共にプレーしていたソン・フンミンは、13日のレバノン戦で決勝点となるPKを決めると、中継のカメラに向かってエリクセンが付けていた背番号「23」を指で示し、「I LOVE YOU(愛してる)」とエールを送った。

これには、中国のネットユーザーからも「元チームメイトだもんな(泣)」「素晴らしいよ」「これほど韓国を好きになったのは初めてかもしれない」「ソン・フンミン、いいぞ!」「友情だ」「涙が出そう」「愛のある選手、愛のあるサポーター、愛のあるスタジアム、愛のあるスポーツ」など称賛の声が相次いでいる。

なお、ソンのほかにイタリアのインテルでチームメイトのベルギー代表FWロメル・ルカクもロシアとの試合でゴールを決めた後に、カメラに向かって「クリス(エリクセン)、愛しているよ」とメッセージを送っていた。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

1課わずか20分!ラジオ音声&解説動画で手軽に楽しみながら中国語を学ぼう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携