「心から感謝」「台日友情は永遠」=産経新聞掲載の「ありがとう日本!」全面広告に賛同の声続々

Record China    2021年6月14日(月) 14時0分

拡大

13日付の産経新聞に台湾人有志一同による「ありがとう日本!」との全面広告が掲載された。台湾のネットユーザーからも感謝の声が上がっている。写真は台湾。

日本が台湾にアストラゼネカ製の新型コロナワクチン124万回分を無償提供したことについて、13日付の産経新聞に台湾人有志一同による「ありがとう日本!」との全面広告が掲載された。

広告は、台湾伝統基金会と台湾桜里帰りの会が発起し、台湾の約130の企業・団体が共同出資して掲載されたもので、「ありがとう日本!患難見真情(まさかの時の友こそ真の友)」「感謝。日本から124万回分のワクチンと勇気をもらいました。これからも絆を深く」などと、ワクチンを無償提供した日本への感謝の思いが記されている。

台湾の窓口機関である台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表は同日午前、フェイスブックでこの広告をシェアし、「新聞全面広告の掲載、心より感謝いたします」とコメント。「大きな『ありがとう日本!』の文字と、赤と白の字体、台湾の黒熊のイラストに、『まさかの時の友こそ真の友』というシンプルな言葉で、台湾の心からの感謝の気持ちを伝えるもので、呼びかけ人の真心が感じられます。今後も台日友好を進めていく道のりに、より多くの友が加わることを期待しています」などと繁体字と日本語でつづった。

謝代表の投稿には、台湾人とみられるユーザーから「大使(謝代表)、台湾のためにありがとう!。日本の温かい支援にも感謝」「シェアありがとうございます。両国の友情にも感謝します」「すぐに買いました。あなたはすべての在日台湾人の誇りです。より多くのワクチンを台湾に送ってほしいです」「日本の友人、ありがとう」「台日友好、引き続きの協力を。日本の友情と支え合いに感謝」「台日友情は永遠に深化する」「日本国民の援助に心から感謝します。台湾頑張ろう」「コロナが収束したら、きっと日本に感謝の旅行に行きます」など多くの賛同、感謝の声が書き込まれている。

このほか、台湾メディアの中央社によると、台湾人の感謝をより多くの日本人に伝えようと、台湾在住の日本人らが東京駅と大阪駅に広告を出すための募金活動をネット上で11日から開始。すでに目標を上回る100万台湾ドル(約400万円)以上が集まっているという。広告は7~8月に掲載される予定だ。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

「おうち時間」に差をつけよう!“中国最高”のアナウンサー「Aちゃん」と学ぶ書籍「おもてなし中国語」刊行!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携