セルビアのバレー選手がアジア人やゆの「つり目」しぐさ、SNSで#StopAsianHate広がる、同選手に出場停止処分―台湾メディア

Record China    2021年6月14日(月) 16時0分

拡大

セルビアの女子バレーボール選手が、タイとの国際試合で、アジア人に対して差別的とされる目尻を指で引っ張る「つり目」のしぐさをしているのがカメラに捉えられ物議を醸した。

台湾のオンラインニュースメディアの風傳媒は11日、セルビアの女子バレーボール選手が、タイとの国際試合で、アジア人に対して差別的とされる目尻を指で引っ張る「つり目」のしぐさをしているのがカメラに捉えられ物議を醸した問題について報じた。

風傳媒によると、イタリアで開催されているネーションズリーグの1日の試合中、女子セルビア代表のサニャ・ジュルジェビッチが「つり目」のしぐさをしているのがカメラに捉えられた。

SNS上では、問題のシーンを捉えた画像と映像が大量に拡散され、「アジア人に対するヘイトをやめよう」を意味するハッシュタグ「#StopAsianHate」付きの投稿が相次いでいるほか、米国発のオンライン署名サイト、Change.org(チェンジ・ドット・オーグ)でも国際バレーボール連盟(FIVB)に対し、同選手への「懲戒」を求める数千筆の署名が集まった。

米CNNによると、ジュルジェビッチはSNSのアカウントで、「自分の過ちを認識している。試合直後にタイの選手全員に謝罪した」と説明。その上で「私はただ、チームメートに『彼女たちのように守備をやろう』と伝えたかっただけ」とした。

セルビアのバレーボール連盟もフェイスブックへの投稿で、タイ代表チームに「心から謝罪する」と説明。一方で、「あまり大げさに扱わないでほしい」とも述べた。

一方、タイ代表チームは謝罪を快く受け入れたようで、プルームジット・ティンカオはインスタグラムにジュルジェビッチの肩に手を回す動画を投稿している。

FIVBの規律パネル小委員会は8日の声明で、試合中にバレーボール界の規律を定めた規則に違反する行為を取ったとしてジュルジェビッチに出場停止2試合の処分を下したこと、セルビアのバレーボール連盟に米ドル換算で2万2000ドル(約240万円)相当の罰金を科したことを明らかにした。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携