<日中識者対談第12回>G7は米中対立のはじまりか、クライマックスか

Record China    2021年6月11日(金) 17時20分

拡大

11日夜(日本時間)、いよいよG7サミットが始まる。陰の主役は中国である。そう思わせるほど、すべての議題に中国が絡んでくる。写真は元特命全権大使の天木直人氏と福井県立大学の凌星光名誉教授

11日夜(日本時間)、いよいよG7サミットが始まる。陰の主役は中国である。そう思わせるほど、すべての議題に中国が絡んでくる。中でもバイデン氏の米国はG7にタイミングを合わせるかのように、ありとあらゆる対中国敵視政策を打ち出して参加国の同意を取り付けようとしているように見える。果たして今回のG7は長きにわたる米中対立の始まりなのか。それとも、さまざまな分野におけるし烈な駆け引きのクライマックスなのか。続きは動画をご覧下さい。

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携