性格までイケメンなゴン・ジュン、ライブ配信で発した一言がファンの心をときめかす

anomado    2021年6月12日(土) 11時30分

拡大

ドラマ「山河令」への出演をきっかけに大ブレークした人気俳優のゴン・ジュンがあるライブ配信に参加した際に発した一言が、中国版ツイッター・微博でランキング上位に入った。

ドラマ「山河令」への出演をきっかけに大ブレークした人気俳優のゴン・ジュン(龔俊)が、10日夜、あるライブ配信に参加した際に発した一言が中国版ツイッター・微博(ウェイボー)でランキング上位に入るなど、注目度の急上昇が見られた。

この日ゴン・ジュンが参加したのはとある化粧品ブランドのライブ配信。視聴者プレゼントの部分で、司会者がランダムに選んだ5人の視聴者を発表する際、そのうちの1人を「ゴン・ジュンと〇〇のファン」と読み上げたところ、「そこは伏せないでちゃんと読んだ方がいい」と、ゴン・ジュンがやんわりと指摘を入れたのだ。

この発言を聞いたライブの視聴者からは、「ファンを大事にするゴン・ジュンが素敵!」「共演相手とファンを尊敬することで、自分も人から尊敬されるようになる」と、他人を大切にする姿勢を称賛する声や、「ジュンジュンは本当に素直で教養のある人」「かわいい正直者」「堂々としているところが素敵」と性格を褒める声、主演ドラマ「你好、火焰藍」と「沈睡花園」を応援する声などが多数寄せられた。

ゴン・ジュンのシンプルな一言が反響を呼んだ背景には、中国のドラマ界で見られるある慣例が挙げられる。その慣例とは、ドラマの世界で良きパートナーを演じてきた主人公同士が、ドラマの放送が終了すると急いで「パートナー解消」しようと同席を避けたり、あらゆる場面で相手の名前を出さないように注意を払っていることだ。

しかし、ゴン・ジュンの場合はドラマでの共演とコンサートを最後に、公式の場面でチャン・ジァハン(張哲瀚)と同席することは見られなくなったが、何気ないハートウォーミングな心遣いが常にファンをときめかせ、かえって好感度を上げている。(編集/RR)

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携