<写真特集>重要な文化資産となった台南水道、日本人設計者を記念する像も

蕭文彬    2021年6月13日(日) 8時10分

拡大

台湾南部の台南市にある台南山上花園水道博物館では、この地の水道事業に貢献した日本人、浜野弥四郎の像が見学者を出迎えている。

(1 / 31 枚)

台湾南部の台南市にある台南山上花園水道博物館では、この地の水道事業に貢献した日本人、浜野弥四郎の像が見学者を出迎えている。

その他の写真

2019年10月オープンの同博物館は日本統治時代の水道施設、台南水道を整備したものだ。1897年、台湾総督府の衛生工程顧問だったW.K.Burtonと教え子で助手の浜野弥四郎は清潔な水を提供して衛生環境を改善するため、台南地域で水源、水質調査を実施。そして1912年に台南水道の建設が始まった。

台南を拠点とするカメラマンの蕭文彬(シャオ・ウェンビン)は「水道施設は日本統治時代における衛生工程の一部分。台南水道は当時の台南の飲用水需要に基づいて整備されたもので、1912年から10万人の需要を満たす現代的な水道インフラの建設が進められた。旧事務室や発電室などが残っている他、水源地の門のそばには台南水道の設計者、浜野弥四郎を記念する像がある」と紹介する。蕭はまた、「1922年に竣工した台南水道は1982年まで使われ続けた。日本統治時代の衛生工程現代化の目撃者であり、台湾の水道事業が進化するプロセスの目撃者でもある。文化史において深い意義を持っている」とも指摘。台南水道の関連施設は地域の経済発展にも貢献を果たし、現在は郷土教育の見学スポットであるだけでなく、重要な文化資産にもなっているという。(翻訳・編集/野谷

●蕭文彬(シャオ・ウェンビン)

1956年生まれ。台湾台南市出身。幼少時代は貧しい家庭に育つ。父の「家族写真を撮るためカメラを借りたい」との申し出を親戚が断ったことが、プロのカメラマンを目指すきっかけとなった。初めて手に入れたカメラは中古のペンタックス。ここから本格的な撮影技術の学習をスタートさせる。現在は台湾南部を代表するカメラマンとして中華南群撮影学会理事長や台南市撮影学会の副理事長を務める。2015年12月には台南市の新光三越で個展を開催した。

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携