ゾウの群れが北上を停止、気持ちよさげに眠る親子ゾウをドローンが撮影―中国

人民網日本語版    2021年6月9日(水) 13時50分

拡大

雲南省でアジアゾウの群れが北に向かって移動を続け、世間の注目を集めているが、気持ちよさそうに眠る親子ゾウの姿をドローンが撮影した。

(1 / 2 枚)

雲南省でアジアゾウの群れが北に向かって移動を続け、世間の注目を集めているが、7日午後4時50分時点では、昆明市晋寧区夕陽郷の小さな範囲に留まって、休んだり、徘徊しており、北上はしていない。ゾウの動きを監視しているスタッフによると、群れから離脱した1頭のオスは、群れから直線距離で北東約4キロの山の中にいるという。中央テレビニュースが伝えた。

その他の写真

現場指揮部は、群れの周辺の地理環境や村の詳細情報を集めており、地上と上空から、24時間態勢で群れの動きを監視している。また、群れを離脱したゾウの動きも追跡し、最新の動向を把握している。

現場指揮部は7日、緊急対策のための人員や警察延べ410人を動員したほか、ダンプカー60台、その他緊急車両64台、ドローン14機を投入した。また、延べ150台以上の車両に対して交通規制勧告を行い、エサ2トンを与え、さらに住民を避難させるなどして、周辺住民やゾウの安全を確保している。一部の道路では、刺激を与えないようにするための交通規制が実施されており、ゾウが西または南に向かって移動するよう導く条件を整えている。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携