差し止め食らったオーストラリア産エビ、「裏街道」利用して再び中国市場に大量流入

Record China    2021年6月6日(日) 21時40分

拡大

2020年に輸入が停止させられたはずのオーストラリア産のロブスターが、中国市場に大量に流入している。香港を中継点としての「グレー貿易」が行われているもようという。

環球時報は5日、2020年に輸入が停止させられたはずのオーストラリア産のロブスターが、中国市場に大量に流入していると報じた。香港を中継点としての「グレー貿易」が行われているもようという。

記事はまず、「中国が昨年、価格にして数億オーストラリア・ドル(5億オーストラリア・ドルは約424億円)のロブスターの輸入が非公式ではあるが差し止められた際には、オーストラリア全土の漁民が『針のむしろ』に座らされた状態になった」と紹介。オーストラリア産ロブスターの輸出の9割以上が中国向けだったという。

しかし、オーストラリア西部のロブスター業界団体が発表した統計によると、香港へのロブスターの輸出量は激増を続けている。20年10月には取るに足らないほど少なかった輸出量が、21年3月には300万トン以上になったという。

オーストラリア・クイーンズランド大学で農業や食品科学を研究するデボラ・スコット氏は、香港の消費者による需要である可能性はほとんどなく、ロブスターの圧倒的大部分は、「非正式」な方法で中国大陸部に流れ込んでいるとの見方を示した。

スコット氏は、これまでもミャンマーを経由する非正式ルートなどを通じて、ワインやかんきつ類、牛肉、木材などの商品が世界最大の市場である中国大陸に流入したことがあると指摘。中豪関係の緊張が継続すれば、その他の商品もこの種のルートで中国に入っていく可能性が高まるという。

西オーストラリア大学付属のパースUSアジアセンターで貿易問題を専門とするジェフリー・ウィルソン氏は、オーストラリアの生産者は貿易関連で過去1年間、中国政府のせいで大打撃を受けたと感じていると説明。しかし短期間で中国に代わる輸出先を確保することもできない。そのため、オーストラリアの輸出関係者にとっては、「灰色ルート」を利用して中国との関係を維持することが唯一の道という。ただしウィルソン氏によると、この種の方法は違法でないが批判の対象にもなり、政府が発見すればルートを閉鎖する可能性が高い。(翻訳・編集/如月隼人

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携