「スラムダンク」がうらやましかった幼少期…中国人は水道水を直接飲む必要があるのか―中国メディア

Record China    2021年6月7日(月) 12時20分

拡大

3日、中国メディアの観察者網は「中国人は水道の水を直接飲む必要があるだろうか」とする記事を掲載した。

2021年6月3日、中国メディアの観察者網は「中国人は水道の水を直接飲む必要があるだろうか」とする記事を掲載した。以下はその概要。

小さい頃、アニメ「スラムダンク」の桜木花道がバスケを終えて、水道の蛇口から直接水を飲む様子がうらやましかった。水は一度沸騰させないと飲めないと母親から教えられてきたからだ。それから20年余りがたち、人びとの生活水準が高まった今、水道水を直接飲む必要があるか否かについての議論が盛り上がっている。

新疆ウイグル自治区にある小学校では、私の小さい頃の願望が現実のものになったという。10万元(約170万円)ほどのコストをかけて設置された超濾過フィルターを通し、浄化処理された水を直接飲むことができるのだ。この例は「全国に直接飲める水道水を普及させるか否か」という問題に対し、「最も必要な人に、最も安全な水を提供する」点で必要だという答えを示してくれているかもしれない。

先進国では早い時期から水道水が飲めるようになっているが、実際は飲んでも事故が起きないというレベルで、おいしさに対する要求はほぼ皆無だ。米国では残留塩素量の上限が設定されていないので、水道水はおいしくない。味に厳しい指標を設けているというニュージーランドやオーストラリアでも近年は水道水の安全に関わる問題が絶えず発生しているという。

また、米国では1986年に鉛管の新規敷設が全面禁止されたものの、今なお300〜600万戸の水道水が鉛管を通って供給されている。インフラの改修が遅れているのだ。

中国では今年4月に、直接飲用水の水質基準が施行され、飲み水に対して日本や欧米よりも厳しい基準が設けられた。一方で、「水源、消毒、輸送の3つの段階における三重の汚染リスクがある」という問題を抱えている側面もある。広東省深セン市では2025年に、上海市でも35年に飲める水道水の供給実現を計画しているという。内モンゴル自治区包頭市では04年に飲み水プロジェクトが始まり、現時点で中国唯一の「直接飲める水道水」を完備した都市となっている。同市では飲み水と通常の水道水をそれぞれ別の水道管にて給水するシステムを取っていて、緊急時にどちらかの水道が使えなくなった時にも役立つということだ。

現在、中国の「飲める水道水」への取り組みは、西洋のモデルを単に移植するのではなく、現地の状況、中国人の習慣に合わせた取り組みを進めるという傾向が見られる。飲水の蛇口は、本当にきれいな飲み水を必要としている人の前に通してこそ、意味を持つのである。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携