韓国で日本車が販売増加率1位に!レクサスは1000台越え=韓国ネットため息「プライドが…」

Record China    2021年6月4日(金) 12時20分

拡大

3日、韓国・京郷新聞は、東京五輪の公式ウェブページ上の地図の竹島表記に対する反発が広がる中、韓国内の日本車販売の増加率が1位を記録したと伝えた。写真は竹島。

2021年6月3日、韓国・京郷新聞は、東京五輪の公式ウェブページ上の地図の竹島表記に対する反発が広がる中、韓国内の日本車販売の増加率が1位を記録したと伝えた。

記事によると、韓国輸入自動車協会は同日、今年5月の日本車の自動車登録台数(=販売台数)が前年同期比21.7%増の2035台だったと発表した。同期間にドイツなど欧州メーカーの車が2.6%増加したのに比べ、8倍以上販売率が伸びたことになる。

メーカー別では、レクサス1007台(38.5%増)、トヨタ626台(29.1%増)、ホンダ402台(13.7%増)だった。今年に入ってから5月までの販売率も、レクサス47.6%、トヨタ17.2%、ホンダ4.5%と3メーカーがいずれも増加。特にレクサスは今年1月443台、2月677台、3月860台と毎月増加している。4月は826台と減少したものの、先月は1007台を記録し初めて1000台を突破したという。

これにより、協会会員企業の中で日本車メーカーが占めるシェアも、昨年5月の7.2%から今年5月は8.5%に1.3%増加したという。

記事は、今年に入って日本車の販売台数が増えた理由について「日本の半導体材料の輸出規制により始まった日本製品不買運動(ノージャパン)が2年目に入り、推進力が弱まっているため」と分析している。また「日本の各メーカーが新車を相次いで発売し、営業を強化したことも影響を及ぼした」としている。

なお、韓国で先月の登録台数が最も多かったのはメルセデスベンツ(7690台)。後にはBMW(6257台)、フォルクスワーゲン(1358台)、ボルボ(1264台)が続いた。

これを受け、韓国のネット上では「恥ずかしい」「これだからは日本に見下される」「日本は東京五輪ウェブページに独島(竹島の韓国名)を自国領と表記したのに…。韓国国民はなんでこんなに日本が好きなの?」「日本にこんなことされてまで日本車が買いたい?」「日本には韓国車がほとんど見られない。プライドが傷つかない?」など大きなため息が聞こえてきそうな嘆き節が相次いでいる。(翻訳・編集/松村)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携