インド「5Gで新型コロナ拡散」デマ、3週間で電波塔20基破壊される―中国メディア

Record China    2021年6月2日(水) 19時20分

拡大

インドのSNS上で新型コロナウイルスの感染第2波は5Gネットワークのテストによって引き起こされたとする誤った情報が拡散し、パンジャブ州では過去3週間で少なくとも20基の電波塔が破壊されたという。

北京日報系の「長安街知事」によると、インドのSNS上で新型コロナウイルスの感染第2波は第5世代移動通信システム(5G)ネットワークのテストによって引き起こされたとする誤った情報が拡散し、北西部のパンジャブ州では過去3週間で少なくとも20基の電波塔が破壊され、ネットワークの使用に影響が及んでいるという。

インドの通信当局は、「5G技術とウイルスのまん延との間に関連性はない」「5Gネットワークのテストは国内のどこでもまだ始まっていない」などとし、誤った情報やうわさに惑わされないよう国民に促している。

新型コロナと5Gを関連付ける陰謀論は欧州でも拡散している。昨年には英国やオランダで電波塔の破壊事件が報告されている。

米ジョンズ・ホプキンス大の集計によると、北京時間5月31日午後8時(日本時間同9時)時点で、インドの累計の感染者数は2804万人を超え、累計の死者数は32万9000人を超えている。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携