ロケットの煙が赤から白に、長征7号の推力が60%向上―中国

人民網日本語版    2021年6月2日(水) 9時50分

拡大

宇宙貨物船「天舟2号」を搭載した「長征7号遥3」キャリアロケットが29日午後8時55分、中国の海南文昌航天発射場から打ち上げられた。

(1 / 2 枚)

宇宙貨物船「天舟2号」を搭載した「長征7号遥3」キャリアロケットが5月29日午後8時55分、中国の海南文昌航天発射場から打ち上げられた。新華社が伝えた。

その他の写真

今回のロケット点火の瞬間、力強い長征7号の底部から四酸化二窒素の不完全燃焼による赤い煙が出ず、その代わりに綿あめのような白い煙だったことに多くの人が気づいているはずだ。これは長征7号が独自の知的財産権を持つ新型液体酸素/ケロシンエンジンを搭載していたからだ。ケロシンが不完全燃焼することで生じる粒子と水蒸気が混ざり合い、凝結し、白い煙が形成される。この技術改良だけにより長征7号の推力が60%向上した。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事のコメントを見る

「おうち時間」に差をつけよう!“中国最高”のアナウンサー「Aちゃん」と学ぶ書籍「おもてなし中国語」刊行!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携