珍しい茶色のパンダが西安市で一般公開へ―中国

人民網日本語版    2021年6月2日(水) 10時50分

拡大

ジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキン という「秦嶺四宝」と呼ばれる希少動物4種を見ることのできる陝西省西安市の秦嶺四宝科学公園が28日、プレオープンした。

(1 / 6 枚)

ジャイアントパンダ、トキ、キンシコウ、ターキン という「秦嶺四宝」と呼ばれる希少動物4種を見ることのできる陝西省西安市の秦嶺四宝科学公園が28日、プレオープンした。世界において、飼育パンダとしてはたった1頭しかいない茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」も同園で一般公開された。

その他の写真

中国中部を東西に貫く秦嶺山脈北麓に位置する陝西省西安市周至県にある秦嶺四宝科学公園は、秦嶺ジャイアントパンダ研究センターの飼育施設を拡張して建設され、「チーザイ」はその中でも最も注目されている「アイドル」だ。

プレオープン期間中、パンダ10-15頭、トキ50羽、キンシコウ8匹、ターキン20頭が一般公開される。これら「秦嶺四宝」のほか、レッサーパンダ、ツキノワグマ、キョン、ゴーラル、キンケイなど、秦嶺地区に生息する野生動物20種類以上も公開されている。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携