蔡英文総統の支持率急落と台湾問題の行方

Record China    2021年5月27日(木) 14時40分

拡大

台湾と中国の批判合戦がエスカレートしている。果してその背後に米国の関与があるのか。中国はどう対応していくのか。凌星光福井県立大名誉教授と天木元大使が鋭く切り込む。

ここに来て台湾の蔡英文総統の支持率が急落している。その理由は、コロナ対策の「優等生」だったはずの台湾で感染が増えてきたからだという。このことが蔡英文総統の「台湾独立」への動きにブレーキをかけるのかと思いきや、台湾と中国の批判合戦がエスカレートしている。

果してその背後に米国の関与はあるのか。中国はどう対応していくのか。中国の外交、内政に詳しい福井県立大学の凌星光名誉教授と外務省でアジア外交、日本外交に携わったことのある天木直人元大使が鋭く切り込む。詳しくは動画をご覧ください。

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携