Record China

ヘッドライン:

「日本の欠点はどこ?」、掲示板に寄せられたコメントに「それは中国だろ」と反論殺到!―中国ネット

配信日時:2014年5月8日(木) 12時13分
拡大
6日、中国のインターネット掲示板に、あるネットユーザーが「日本には欠点がないというのか?日本の欠点を言い合おう」と題するスレッドを立てた。資料写真。
(1/2枚)

2014年5月6日、中国のインターネット掲示板には、日本に比較的友好的なスレッドが多い。そのような状況を踏まえ、あるネットユーザーが「日本には欠点がないというのか?日本の欠点を言い合おう」と題するスレッドを立てた。

その他の写真

「男尊女卑が色濃いこと」「ストレス社会」「地震が多い」「ルールを守りすぎるあまり、自分で考えることをしない」「物価が高い」など、さまざまな意見が飛び交う中、「軍国主義、歴史を正視しない、歴史をねじ曲げる、過ちを認めないこと。日本は第2次世界大戦について謝罪していない」とするコメントに注目が集まり、多くのネットユーザーがこれに反論している。以下はその一部。

「日本は謝罪したことがある。我々は自分たちが犯した過ちを棚に上げ、他人の過ちをいつまでも気にしている」

「我々は民族のかたきや恨みはしっかりと記憶しているのに、自国の腐敗についてはお構いなしだ」

「日本政府はすでに数えきれない謝罪を繰り返している」

「中国の方が歴史をねじ曲げるのがうまい」

「軍国主義ってところ以外は、中国に文句を言っているみたいだな。ははは」

「現在の中国は、過去のみを記憶させている。つまり、日本人がどのように中国人を虐殺したかということだ。しかし、考えてみてほしい。いつまでも過去のなかで生きていては、いつまでも前進しないのではないか」

「歴史とはみな人間が書いたもの。数人の権力を持つ者が大衆をだまそうとすれば、真相なんて誰にも分からなくなる。やはり自分の気持ちに従った方がいい。好きなら好き。嫌いなら嫌いでいい」(翻訳・編集/北田

関連記事

ランキング