中国が外資系企業の「集まる場所」になったのはなぜか―中国メディア

人民網日本語版    2021年5月19日(水) 5時50分

拡大

2021年1月から4月までの間に、中国で新たに設立された外資系企業は前年同期比50.2%増の1万4533社に上り、中国は米国を追い抜いて世界一の投資目的地になった。写真は北京のオフィスビル。

2021年1月から4月までの間に、中国で新たに設立された外資系企業は前年同期比50.2%増の1万4533社に上り、中国は米国を追い抜いて世界一の投資目的地になった。新型コロナウイルス感染症がグローバル経済の低迷をもたらした大きな背景の中で、中国市場が国際資本の「避難港」や「集積地」になることができた根本的な原因は、中国のガバナンス能力が感染症の厳しい試練をくぐり抜けたこと、制度の優位性とガバナンスの強靱性が十分に示されたことにある。

中国が感染症を効果的に食い止め、企業活動・生産活動を急速に回復させたことにより、不確実性のリスクに対する外資系企業の懸念が打ち消された。感染症期間中、中国は上から下まで心を一つにして、感染症の蔓延を急速かつ効果的に抑制した。これと同時に、中国政府は外資の安定、対外貿易の安定を非常に重視し、外資系の対外貿易企業の業務再開を優先的に支援する複数の政策を打ち出し、在中国外資系企業に対し速やかに効果的な支援を行なった。華南米国商会が感染症期間に行った調査研究の報告書によると、会員企業399社のうち、「中国政府は企業に効果的な支援を与えることができる」との見方を示したところは93%を超えたという。中国社会の安定はマーケットエンティティが生産・経営活動を展開するための根本的な制度的保障を提供した。たとえ一部の国が「機に乗じて」製造業の国内回帰を奨励すると打ち出し、さらには企業の「引っ越し」費用への補助金や支援を検討するとしても、国際資本は引き続き中国に大口の投資を行なっている。これは中国のガバナンス能力に対する高い評価と力強い信頼感にほかならない。

開放拡大の継続、ビジネス環境の最適化により、外資系企業は中国の発展の見通しに大きな信頼を寄せるようになった。新型コロナ感染症が世界の発展におけるリスクを増大させ、保護主義と一国主義がますます拡大し、反グローバリゼーションが絶えず進行し、さまざまな障壁が次々に現れ、隣国を自国の洪水のはけ口にするような自分勝手な動きが目立つようになった。それに対して、中国は開放の範囲を拡大しレベルを向上させ、開放の構造配置と体制メカニズムを改善し、高い水準の開放によって質の高い発展を推進し、グローバル化発展のプロセスを積極的にリードすることによって、グローバル経済ガバナンスに原動力を注入しただけでなく、国際資金の「士気」を落ち着かせた。2020年1月1日には「中華人民共和国外商投資法」及びその実施条例が正式に施行され、ビジネス分野における外資系企業の審査登録手続きが全面的に撤廃され、情報報告制度が実施されることになった。同年3月4日、中国共産党中央政治局は会議で、「金融などのサービス業の対外開放を拡大する」ことを打ち出し、引き続き対外開放を秩序よく推進するとの積極的なシグナルを発するとした。「外商投資企業苦情処理業務作業規則」が同年10月1日に試行され、法律のレベルで外資系企業に対する知的財産権の保護が強化され、中でも専門の裁判所の設立には、海外企業の知財権保護に対する中国政府の誠意と決意がよりはっきりと現れている。同年12月28日には、国家発展改革委員会と商務部が共同で「外商投資奨励産業目録(2020年版)」を発表し、2019年版と比較すると127項目が追加され、88項目について修正が行なわれ、奨励される外商投資の範囲がさらに拡大した。一連の「外資安定」政策の制定と実施により、中国のビジネス環境が力強く改善され、国際資本のイノベーション・発展のための「楽園」が着実に構築された。

中国は政府によるサービスを向上させ、市場のボーナスを活性化させて、外資系企業のために他国では代わることのできない独自の優位性を創造した。外資系企業をめぐる「放管服改革」(行政のスリム化と権限委譲、緩和と管理の結合、サービスの最適化)が深化し続けるのに伴い、中国は政府の職能の転換を絶えず加速させ、外資系企業へのサービスシステムを整備し、中国市場の誘致力を活性化した。「手続きの減少、コストの引き下げ、サービスの改善」を行い、政務の作業効率を高めた。「プラットフォームの構築、モデルの創造、シーンの設定」により、資源の供給能力を高めた。「1つのネット、1つの事案、1つの窓口」によって、企業の証明書関連手続きにかかる時間を短縮した。同時に、全国21カ所の自由貿易試験区のプラットフォームが制度の「テスト」や監督管理モデルの刷新を絶えず行い、制度のボトルネックの解消に努め、外資系企業の「隠れた問題」を解決し、外資系企業が中国市場のボーナスを安心して享受できるようにした。世界銀行の「ビジネス環境の現状2020」によると、中国のビジネス環境は世界の190エコノミーの中で31位であり、中国は2年続けてグローバルビジネス環境の改善幅が最も大きかった10エコノミーに選ばれたという。「春の川の水が温かくなると、カモが真っ先にそのことを知る」などと言われるように、中国の「水の温かさ」こそ外資系企業が中国に加速的に集中する重要な原因にほかならない。

外資系企業の流れに逆らった成長は、国際資本が中国の発展の見通しに投じた「信任票」であり、また中国政府がガバナンス能力の現代化を持続的に推進することに対する成果だ。同時に、外資系企業は中国国内市場と国際市場を結ぶ重要な紐帯として、中国経済の流れに逆らった上昇発展のために、ひいては世界経済が泥沼から抜け出すために、必ずや力強いパワーを与えてくれるだろう。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携