プーチン大統領がノーベル平和賞候補に=中国ネット「滑稽だ」「トランプ氏の方が…」

Record China    2021年5月14日(金) 17時20分

拡大

ロシアメディア・スプートニクは14日、同国のウラジミール・プーチン大統領が2021年のノーベル平和賞の候補者リストに加えられたと報じた。

ロシアメディア・スプートニクは14日、同国のウラジミール・プーチン大統領が2021年のノーベル平和賞の候補者リストに加えられたと報じた。中国メディアの観察者網が同メディアの報道を引用して伝えた。

スプートニクによると、同賞にプーチン大統領を推薦していた作家のセルゲイ・コムコフ氏が明かしたもの。同氏はノーベル委員会から、プーチン氏がリストに加えられたとの内容の手紙を受け取ったとしている。

プーチン氏は2014年にもノーベル平和賞の候補者になったことがある。記事は、旧ソ連のミハイル・ゴルバチョフ大統領がロシア人で唯一ノーベル平和賞を受賞したことがある人物だと伝えている。

この報道に対し、中国のネットユーザーからは「名実伴った候補者だ!」「おめでとうございます!」「応援する」といった声が上がる一方、「ノーベル核平賞だ(※中国語で「和」と「核」は同じ発音。中国では「和平賞」と表記)」「トランプ氏の方がふさわしいんじゃないか?(笑)」との声も。

また、「ノーベル平和賞自体が笑い話」「侵略者の頭目オバマも受賞した」「過去の歴代受賞者を見れば、この世界のルールがどうなってるか分かるってもんだ」「プーチン氏がノーベル平和賞の候補だなんて、米国の歴代大統領が候補者になるのと同じくらい滑稽」「ノーベル平和賞なんてなくせばいいのに」など、同賞の選考に疑問を投げかける声も多数寄せられている。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携