今後はレクサスの脅威に?韓国初の高級車ブランドの累計販売が50万台突破=韓国ネット「ほとんどが韓国内…」

Record China    2021年5月13日(木) 8時30分

拡大

12日、韓国・ノーカットニュースなどによると、韓国車初の高級車ブランド「ジェネシス」の世界での累計販売台数が50万台を突破した。写真は上海モーターショーに参加したジェネシスのセダン「G80」。

(1 / 2 枚)

2021年5月12日、韓国・ノーカットニュースなどによると、韓国車初の高級車ブランド「ジェネシス(ヒュンダイ)」の世界での累計販売台数が50万台を突破した。

その他の写真

記事によると、ジェネシスはブランド発足から今月9日までに、韓国内で37万8999台、海外で12万1192台の計50万191台を売り上げた。

ジェネシスは15年11月にG90を発売し、レクサス、BMW、メルセデス・ベンツ、アウディなど多くのブランドがしのぎを削る高級車市場に参入した。15年には530台を売り上げ、その後16年には6万5586台、17年から19年には平均8万台ほどを売り上げるなど、着実に成長してきた。

20年には初のSUVモデルとなるG80の販売好調により昨年比46%増の12万8365台を売り上げ、初めて世界での年間販売台数10万台を突破したという。

張在勲(チャン・ジェフン)ジェネシスブランド社長は「ジェネシスは固有のデザインアイデンティティを構築し、優れた品質と信頼できるブランド経験を提供するなど、世界市場における質的・量的成長のため努力を続けてきた」とし、「今後も顧客の期待を超える商品とサービスを提供し、顧客の声援に応えたい」と話したという。

これに韓国のネットユーザーからは「レクサスはたしかにいい車だよ」「サムスンも頑張っているし、現代自動車も頑張っている」「交通事故からタイガーウッズの命を守ったことも人気に影響を与えているのでは?」など喜ぶ声が上がっている。

一方で「エンジン欠陥問題は改善された?。客をだまして車を買わせ、その後は傲慢(ごうまん)になる姿勢は?。これらを直さない限り、ヒュンダイに未来はないよ」「日本製品不買運動で一番恩恵にあずかった車。ただそれだけ」「世界だと?。売り上げのほとんどが韓国内なのに」「海外用と同じ品質の車を韓国でも販売してほしい。国内用を適当に造って海外用を安く販売するヒュンダイの車は絶対に買わない」「プレミアムブランドをうたっているが、現実はヒュンダイの代理店で一緒に売られている車。発足から6年がたつのにいまだちゃんとしたジェネシスのショールームはない」「小さな韓国市場でもレクサスとトヨタは別々に販売・修理してくれ、再購入割引は相互適用してくれるのに」など厳しい指摘の声も数多く見られた。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携